Google アドセンスの審査に合格!何故??理由を考えました

アドセンス・アフィリエイト

こんにちは、こばジローです。

本日 Google 様よりアドセンスの審査に「合格」した連絡をいただきました。

アドセンスの審査基準を詳しく把握されている方はトップクラスのブロガーの方でもあまりいないようです。

今回の自分の行なってきた内容を挙げていきますので、今後アドセンスの審査を受けられようとする方に「一つの例」として参考にしていただければと思います。

どうぞよろしくお願いします☆

 

審査に申請した時の状態

審査の基準は年々厳しくなっているそうで、詳しくはこちらの記事を見ていただければと思います。

 ・ドメインの取得等

 ・記事数

 ・文字数

 ・記事のネタ

 ・気をつけたところ

上記を一つずつご紹介します。

 

ドメインの取得等

これはアドセンスの審査を受けるための必須条件になりますね。

独自のドメインを取得、このブログはワードプレスで行なっています。

 

記事数

申請した当初の記事数は13記事でした(ちなみにこの記事で16記事になります)。

審査を通る条件で検索するとおおよそ20〜30記事が合格基準という方が多かったのですが、中には3記事で合格したツワモノもいらっしゃるという記事も見受けられましたので、思い切って申請してみた次第です。

正直言いますと駄目元でしたね。

審査を通ることができなかったらその経験をもとにして、「こんなことをするとうまくいくかもしれない」という内容の記事を書いて次の審査につなげていこうと考えていました。

 

文字数

これも「2000〜3000文字」はあった方がいい。という記事をたくさん見てきましたが、

自分の感想としては、半分正解くらいだと感じました。

ブログ開始当初の記事なんて500文字しかありませんし、

内容も最初の2記事目までは「ブログ始めました!」「頑張ります!」という

我ながら大変フレッシュな眩しさが残っていたんだなと感じるくらいで、何も情報発信しておらず、読み返してみて恥ずかしくなりました。

記事が増えるごとに少しずつ文字数は増えていきましたが、最も文字数が多い記事で2900文字

申請した時の全13記事の平均は1700文字でした。

これは少なくはないかもですが、決して多くもないですね。

 

記事のネタ

記事の内容は大枠においてはネットビジネス・副業関連のことを自分の知っている範囲で書いていました。

このブログのメインである

 ・アドセンス

 ・ブログ

 ・プログラミング

 ・副業

 ・進捗状況の報告

といった内容ですね。

 

気をつけたところ

記事を書く上で気をつけたところは、

 ・人の悪口は書かない

 ・1000文字以上は書く(3記事目以降)

 ・申請中も記事を更新する

 ・自分の言葉で書く

 ・相手の目線に立てるように意識する

今、16記事目の時点では上記のようになります。

 

人の悪口は書かない

これはブログにかかわらず日々最も気をつけていることです。

人に言った悪口は回り回って必ず自分のところへ戻ってきます。

自分のところへ戻ってくるまでの期間は人によってまちまちではありますが、これまでの経験上これは必ず起こります。

ちょっと話がブログから逸れてしまいそうなのでこれくらいにしておきますが、

人の悪口は書かないように気をつけています。

 

1000文字以上は書く(3記事目以降)

申請中も記事を更新する

二つ同時のご紹介となります。

3記事目以降に気をつけていたことで、

2000〜3000文字以上を書くというのは最初からできるに越したことはないです。

ただ、ブログを初めたばかりの時は誰もがアクセスも伸びないし頑張っても難しいという気持ちになり、辞めていってしまう方が大変多いと感じています。

なので、自分にとって最初に大事にするべきは収益を得ることよりも

「続けていくこと」の方に力を入れていくのがいいのでは?と思い、

目標を小さく持ちました。

それが、通常の半分である1000文字になります

目標が小さいと気持ちにいくらか余裕が持てます。最低1000文字は書きつつこれを続けていく中で徐々に慣れてくればいいと思っています。

この記事の今の時点で1656文字目です。

目標が3000文字ですと「まだまだか、、」と思うところでしょうが、

1000文字が目標ですので、「余裕でクリア!」という心境になっています。

もちろん本気で収益を伸ばしていこうという時期になるとこうは言っていられないとは思いますが、まずは何より続けることに専念しようと思います。

 

自分の言葉で書く

これも気をつけていたことです。

コピペは絶対に NG 。

おそらくこれまで僕が発信してきた内容は、検索すればいくらでも同じかもっと詳しい情報が既にあることばかりだと思います。

ですが、これも長く続けることで同じ内容でも自分の感じたことを自分の言葉で言い表せるようになって、それこそが人との違いを生み出すことにつながると思っています。

アクセスがほとんどないブログ初心者の時は、むしろブログを書くことを通じて自分の頭で考え、自分の言葉で書く能力を伸ばす絶好の機会なのかもしれませんね。

 

相手の目線に立てるように意識する

自分語りだけでは、誰も自分のブログを見に来てはくれなくなると思います。

「自分だったらどういう時に全く知らない人のブログを訪れるだろうか」と考えましたら、

何かでわからないことがあり、悩んでいる時かなと思いました。

例えば最近では

・ワードプレス 初期設定

・アドセンス 審査基準

といったワードで検索しました。

検索にヒットした各サイトではそれぞれ大変わかりやすく解説してくれており、見に来る人のことをものすごく考えてくれているなと感じ、感動しました。

ブログを始める前だったらこんな風に思わなかったかもしれないですね。

サイトとは、いろんな方の親切でできていると感じ、自分でも相手の悩みを少しでも解決できる記事を書こうと思いました。

 

まとめ

今回は Google アドセンス審査のイマイチ定かではない合格基準について

自分が合格をいただいた中で行なってきたことを書いてきましたが、

 ・相手に有益な内容か

 ・自分の言葉か(コピペはNG)

 ・人の悪口はないか

 ・記事は13記事

 ・平均文字数は1700文字

このあたりに気をつければ審査には通るのかなと思いました。

もちろん確実ではないですが、ご参考になれば幸いです。

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました☆

 

コメント

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.
タイトルとURLをコピーしました